マルチタスクは脳を破壊?!認知症の可能性?!IQを低下させる?!デメリットしかなかった!

ひゃっほい♪お忙しいですか?

こっころぐ編集者のこっこです。

こっこは、料理をしながら動画を見たり、

スマホでツイッターをチエックしながら、パソコンを操作するなど

俗にいうマルチタスカーです。

時間を効率的に使って、充実してる♪なんて思ってたのに…

マルチタスクは、デメリットだらけという情報を入手してしまった…

ホント?!どういう事?!

これは気になる!!

という事で、調べていこう♪

スポンサーリンク

マルチタスクとは(心理学)

複数の作業を、同時にまたは、短期的に並行して

切り替えながら実行することをいう。

たとえば

  • スマホを操作しながら歩く
  • 動画を見ながら勉強する
  • テレビを見ながらご飯を食べる
  • ツイッターをチェックしながらブログを書く

など、普段の生活でもやっていることです。

これが脳に悪影響を与えているなんて、考えもしなかった。。。

脳は一つのことしか集中できない

人間の脳は、根本的に

同時に二つ以上のことを考える事はできない構造です。

数を数えながら、読書をしようとすると、

どちらかがストップするか、どちらも中途半端になってしまいます。

では、なぜマルチタスクができるのか?!

それは、

瞬時に脳か切り替わっているから、

同時に二つのことが出来ていると錯覚しているだけ!

例外もある

音楽を聴きながら、掃除をする

軽い会話を楽しみながら、車の運転をする

など、体で覚えているといったような

習慣化されている運動などは、同時進行できるとされています。  

なぜマルチタスク(マルチタスキング)をしてしまうのか?!

それは、、、

脳が刺激を求めているから。

刺激を感じるとドーパミンが分泌されます。

そして、気分がよくなって、さらに刺激を求めて

タスクをこなそうとします。

結果、ストレスがたまる。

高速で脳を切り替え続けると、

たくさんのエネルギーを消費して、疲れてしまいます。

それが、ストレスとなり

アドレナリンやコルチゾールというストレスホルモンが分泌される。

コルチゾールが長期間分泌される影響

  • 脳の老化
  • 脳の委縮
  • 免疫力の低下
  • 良質な睡眠の妨げ
  • 無気力、無関心   

を引き起こす可能性が出てきます。

またIQを低下させるという研究結果もでています。

まとめ

マルチタスクは、仕事をこなしているように感じがちですが

実は作業効率は落ちて、脳にもストレスをあたえて、

いいことがないことがよくわかりました。

忙しい人や、やる事がたくさんある人ほど、

マルチタスクをやめて

一つ一つ完了させていくことが

重要!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました