まさかのアレで?!裏技?!愛猫の毛玉を取る方法!長毛種飼っている飼い主さん必見!ポイントや再発防止策!

我が家には、大型長毛種の「ラガマフィン』という種類の猫が2匹います。

換毛期(3月と11月頃)になると、大量の毛が抜け、

しっかりブラッシングできればいいのですが、ブラッシングが嫌いな我が子には、毛玉までできてきます。 

そして、この≪毛玉≫が厄介なんですよね。

気を付けないと、大事な猫ちゃんを傷付けてしまいます。

スポンサーリンク

毛玉ができる原因。飼い主さんが気をつけられる事。

換毛期(特に3月)は、もっこもこの冬毛と呼ばれている毛が抜けて、夏毛にはえかわります。

1年で一番毛が抜ける時期です。

この抜けた毛が、落ちることなく、ほかの毛と絡まりあって毛玉が誕生します。

最初は小さいので、クシでほぐせたり、ハサミでも簡単に切り取れますので、できる事なら初期の段階で

手を打っておくのがおすすめです。

飼い主さんが出来る事(初級)
  • アゴやのど、ワキ、足の付け根(内側)など、毛がすれるようなところをチェック
  • 毛玉を発見したら、即座に切る
飼い主さんができる事(中級)
  • 週に2,3回ほど、目の粗いクシでもいいので、さらっとといてあげる
飼い主さんができる事(上級)
  • 毎日ブラッシングしてあげる
  • 洗い流さないシャンプーやトリートメント体をふいてあげる

猫は自分の体をよく舐めるので、使用するシャンプーやトリートメントは、オーガニックなものや、香料を含む添加物が

少ないもの、できれば、入っていないものが好ましいです。

出来てしまった毛玉はどうすればいい?(涙)

初期段階では、クシや手で毛玉をほぐして、解消されますが

『週末にとってあげよう』と数日放置しているだけでもどんどん大きく成長します。

羊毛フェルトのようになってしっているなら

皮膚と毛玉の間にコームを差し込み、コームより外側を切ると

皮膚を傷つける可能性が低くなります。

末期まで行くと、皮膚と毛玉の間にコームを差し込む隙間もなくなってくるので、

そんな時は、今回の裏技級の手法を使います。

裏技級!まさかの毛玉取り機は、リッパー

様々な種類のリッパー

100均でお手軽に購入することもできますし、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングでも購入できます。

おすすめとしては、かわいい【くまのがっこう】のデザインや、本格的なメーカー【クロバー】のすずらんリッパーを

ご紹介します。

お値段の差は、デザインであったり、切れ味にも影響してくると思います。

切れ味が悪く、毛を引っ張ってしまうと、猫ちゃんも苦痛ですので、

できるだけストレス軽減を目指していくのが、お互いにとって好都合だと思います。

どのようにリッパーで毛玉を取っていくの??

ます、毛玉にリッパーをぶっさして、少しずつ解きほぐしていく感じです。

とっても簡単!!!

でも、リッパーの先端はとても鋭利。使い方を誤れば、それはもう!想像もしたくないような悲惨な現場となりかねます。

気を付ける事、ポイントやコツ。

コツは、

  • 毛玉と皮膚の境目を指でつまむような感じで、ガードする
  • その指と並行(猫ちゃんの皮膚とも並行)にリッパーを突き刺して、解きほぐすようにカットする

気を付ける点は、

  • 暴れる子や、急に激しい動きをする子は、この方法は止めておいた方が無難
  • 毛玉を取ることに必死になりすぎず、猫ちゃんとの絆を深めるスキンシップの一環と考える

毛玉除去後、今後気を付ける事

スキンシップの一環として、毛玉のカットをしていくのですが、

やはり、苦痛だなと思ったり、ストレスとを感じる子がいないとも言い切れないので

できるだけ

再発防止に努めていきたいところです。

毛玉の再発防止策!

やはり、毎日のブラッシングが手軽にできる対策であると思います。

我が家のラガマフィン2匹いる中の1匹は

かなりのブラッシング嫌いなので、首やワキ足の内側など、毛玉ができやすい所だけでも

やっていこうと思います。

おすすめキャットフード

美しい被毛の為のキャットフード

飲み込んでしまった毛に対応のキャットフード

総合的に内側から強く健やかな体づくりをお手伝いするキャットフード

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード
『カナガン』

栄養学者と共同開発した
プレミアムキャットフード『シンプリー』


愛猫との毎日を彩るプレミアムキャットフード『THE JAGUAR(ジャガー)』

実際にうちの愛猫にやってみた結果

近日公開予定!

タイトルとURLをコピーしました