年に2回の換毛期!猫の毛祭り対処法!大量の抜け毛対策どうすればいい?

ひゃっほい!抜毛に困ってますか?

こっころぐ編集長のこっこです。

我が家には2匹の大型長毛種のラガマフィンという猫がいます。

もふもふおっとり優雅なイメージの長毛種の唯一の(?!)デメリット

それは

抜毛。。。

それはもう、半端ない威力です!もうどうしたらいいの?ってぐらい。

こっこと同じように

少しでも抜毛にお困りの猫ちゃん・飼い主さんのお役に立てれば光栄です。

スポンサーリンク

春と秋。年に2回の換毛期。室内飼いの猫には換毛期がない?!

猫の毛は、アンダーコートとオーバーコートといわれる毛でおおわれていて

2重構造(ダブルコート)となっています。

春には、冬用のもこもこしたアンダーコートが抜けてきて、

秋には、夏用のアンダーコートから冬用のもこもこアンダーコートに

生え変わります。

冷房や暖房を使用している部屋で暮らしている室内飼いの猫には

夏用・冬用に毛が生え変わる必要もないので

換毛期がないといわれています。

が!!!!!

うちの子は完全室内飼いですが、めちゃ毛が抜けますよ!

個体差はあるようです。

抜け毛対策

こまめなブラッシング

やはり、ブラッシングは基本となります。

でも、抜け毛が多いからと言って、力強くするのは

皮膚を傷めてしまいます。

フケが多くなったり、健康な毛まで抜けてしまう可能性があります。

短毛種に向いているブラシ

  • ラバーブラシ
  • 猛獣ブラシ
  • コーム

長毛種に向いているブラシ

  • ピロコーム
  • スリッカーブラシ
  • ピンブラシ
  • 猛獣ブラシ
  • コーム

シャンプーで一気に毛を流す

シャンプーが嫌いな猫は多く、洗う側も大変ですが、

ブラッシングより一気に抜け毛を減らすことができます。

サロンにお願いする

ブラッシングもシャンプーも猫とのコミュニケーションを

取りながら行うのがいいですが

どうしても忙しくて毎日ブラッシングできなかったり、

シャンプーやドライヤーがうまくできない場合、

サロンにお願いするのもありかと思います。

こっこは、自宅でのシャンプー派ですが

翌日でも抜け毛は出ます。

サロンに行っている子とは、翌日以降の抜け毛の量は

かなり違うようなので、

一度サロンでシャンプーとついでに(?!)カットも

お願いしてみたいと思っています。

気を付けたいこの時期の病気、毛球症(もうきゅうしょう)

猫は、自分でペロペロとなめて、毛づくろい(グルーミング)をします。

そして、その時飲み込んだ毛をお腹の中にためて

毛玉として、吐き出すことがあります。

吐き出すことが出来ればまだいいのですが、

吐き出せないと、どんどんお腹にたまり、毛球症になります。

胃の機能を阻害してしまうので、

食欲がなくなったり、便秘や吐き気を示したりしたら要注意です。

重症化すると、お腹の中の毛玉を取り出す手術が必要ですので、

そうならないようにしてあげたいです。

キャットフードや猫草で予防

毛球(ヘアボール)が小さい場合は、

食物繊維の多いヘアボール対策用のキャットフードや

猫草を食べさせることで、

胃の中の毛玉を吐き出しやすくなるので、

活用してみるのもありですね。

掃除方法

猫の毛は、細くて軽くて少しの風で空気中に舞ってしまうので

掃除機の排気には注意が必要です。

こっこは、

フローリングには、ウエットシート(猫がなめても安全なもの)

カーペットには、ぱくぱくローラーと粘着クリーナーのコロコロ

を使っています。

 まとめ

暖かくなってくる3月頃と、寒くなってるる11月頃は

こまめなケアが必要。

ケアを怠ると、猫にも人にも悪影響となるので、

めんどくさがらずに乗り切りましょう♪

コメント